保育士

セクキャバを通じて夢をかなえた保育士

今回は既に夢を叶えた女性のお話です。
Fさんが当店に面接を受けに来た時は、まだ保育園の専門学校に通う学生でした。
平日の昼間は専門学校へ通い、土日は託児所でアルバイトをしているということだったので、平日の夜にだけセクキャバで働いてもらうことになりました。
そんな彼女の夢とは、理想の保育園を運営することでした。
彼女の発想がユニークな点は、子どもの為に何かをしたいということではなく、女性が働きやすい職場環境を突き詰めた結果、保育園に辿り着いたということです。
女性の社会進出が増え始めているとはいえ、出産や育児で長期間労働が難しかったり、同じ仕事をしても金銭面で恵まれなかったりと、まだまだ問題点がたくさんあります。
これらの問題を効率よく解消する為には、女性が多い職場であり、何年間かブランクがあっても復帰しやすい環境を用意する必要があるだろうとの考えを持っていました。
加えて、求人広告を見る機会も多く、慢性的に人材不足であったことも理由の一つだったそうです。

夢だった保育園の開園現在は、保育士の資格も取得して、アルバイト時代の友人と一緒に保育園を開園しました。
セクキャバの給料って保育園を作れるほど多いの?と思った方もいると思いますが、何を隠そう資金援助をしたのは当店のオーナーです。
Fさんは入店当時から「保育園を開園する為の資金が欲しい」と語っており、オーナーも保育士を目指すのではなく、経営者を目指していたFさんを大変可愛がっていました。
一時期はFさんを店長として雇おうと何度か声を掛けていたので、もし彼女が店長の任を受けていたら、今ごろ私は店長ではなかったかもしれませんね。

新たな人材を常に欲しているという共通点

Fさんは身体が華奢で、男性受けするスタイルとは言い難かったのですが、面接時から保育園を開園する夢を語るほどにポジティブな性格を持っていた為、男性客からの人気も高かったです。
出勤日も平日の夜とは言え、決して多くはありませんでしたが、セクキャバでは珍しく出勤日前に指名が入るほどの人気ぶりでした。
入店して1ヶ月も経てば、フリーのお客さんを接客することも無くなるほどで、あれほどのスピードで人気嬢になった女の子も珍しい為に、私やオーナーの覚えも良かったのだと思います。
Fさんがセクキャバで働いていた期間は2年ほどになります。
保育士の専門学校には、卒業すれば保育士の資格が得られる学校と、自分で国家資格を取得しなければならない学校の二種類があるそうで、Fさんは自分で国家資格を取らなければなりませんでした。
専門学校を卒業した後は出勤日も増えましたが、国家資格の勉強と両立するのは大変だったはずです。
幸い、1年の勉強で資格を取得し、オーナーから合格祝いとして保育園の開園資金を提供する運びとなりました。
Fさんは今でも数年前に開園された保育園の若い園長先生として活躍しています。

深夜でも営業している託児所実は、そんなFさんと当店の繋がりは今でもあります。
もちろんお互い忙しいので会う機会こそ少ないですが、当店が運営する託児所では彼女の知人の保育士たちが働いてくれています。
セクキャバは夜がコアタイムですし、シングルマザーの女性も多くいるので、深夜帯まで営業している託児所の需要が高いのです。
セクキャバと保育園は業種こそ違えど、コミュニケーション能力が重要だったり、女性の多い職場だったりと共通点がいくつもあります。
最大の共通点と言えば、お互い常に新たな人材を欲しているということです。
その為、現在でもLINEで頻繁に連絡を取り合う、戦友のような存在となっているのです。

ジュエリーデザイナー

ジュエリーデザイナーとして修業中

指輪のデザイン画Eさんはジュエリーデザイナーを目指して修行中の女性です。
ジュエリーデザイナーへの道は、専門学校や彫金学校で学んだ後に、宝石メーカーへ就職する方法が一般的だそうですが、Eさんの場合は個人の職人さんの所へ弟子入りしているということでした。
仕事の内容はジュエリーの掃除と、指輪のリサイズなどを担当しており、見よう見まねで作業内容を覚えている最中とのことでした。
修行中の為、お給料は非常に安く、知人が勤めていたナイトクラブでアルバイトをしていたのですが、そのお店が入っている雑居ビルが再開発による取り壊しで閉店することになりました。
最初はナイトクラブよりも前に働いたことのあるセクキャバ店へ出戻りしようと考えていたのですが、実際に電話を掛けてみるとオーナーが変わったらしく、以前にお世話になっていた店長も既に辞めてしまっていたようです。
在籍していたセクキャバ嬢の多くも退店しており、以前の高級店から大衆店へと方向転換もしていたようです。
どうせ顔見知りがいないのであれば、改めて求人サイトから探してみようと、高い給料を提示しているお店に片っ端から応募メールを送ったそうです。

求人広告への応募時に犯しやすい過ち

当店も毎月、多くの応募をメールや電話で頂きますが、想像以上に多くの女性が「給与」に関わる質問をしてきます。
セクキャバで働くからにはしっかりと報酬を貰いたいとか、詳しく知らない世界だからこそ大事なことから確認したという気持ちは分かります。
しかし、それはハッキリ言って間違いです。
応募時に「給料はいくら貰えますか?」とか「保証時給はいくらですか?」と聞いた所で、多くのお店が「面接時に詳しくご説明します」とだけ返答するはずです。
そうすると、質の悪い応募者の中には「大事な所だけ教えてもらえないから、やっぱり怪しい」なんて言う方もいますが、落ち着いてよく考えてみて欲しいです。
皆さんがもし面接者の立場だとしたら、顔すら見たことが無くてどんな女性かも分からない人に「あなたの給料はこれくらいです」なんて言えないですよね。
実際の面接では容姿だけではなく、話をする際の雰囲気や気遣いを見たりしながら、総合的に接客業の向き不向きを判断しているのですから。
つまり、応募の時点でお金の質問をされても、返答できる内容は求人広告に書かれている情報と大差が無いのです。
それよりも、もし応募の時点で少しでもお店の良し悪しを判断したいのであれば、少しでも長く文章を書くことをお勧めします。
文章の内容も質問だけでなく、簡単な自己紹介や希望する勤務形態などを書いても良いと思います。
長い応募メールに対する返答の内容が、お店を比較する判断材料に十分なり得るということ。
これこそ私が、Eさんから学んだことでした。

ルーティーンワークだからこそ気を付けたい点

お店からの返答の悪い例面接官と言えども、他のお店の面接官がどのような対応をしているのかを知る機会はありません。
その為、毎月送られてくるたくさんの応募メールに対する対応もルーティーンワークとなり、自然体の自分が出やすい環境にあると言えます。
Eさんの応募メールには、名前とスリーサイズから始まる簡単な自己紹介から、なぜ当店で働きたいのかという志望動機も書かれていました。
もちろん、給与に関する質問も含まれていましたが、ジュエリーデザイナーとして修業中の為、短い時間ではあるが平日であれば毎日でも働けることもしっかりと書いてありました。
私は、答えられる質問には回答を記載し、答えられない質問には答えられない理由を記載してから、面接を受けに来ることを促しました。
こうして、Eさんは面接を受けに来てくれたのですが、当店を選んだ理由は返答の内容が一番丁寧だったからだそうです。
他のお店の返信は「面接で説明します」とだけ記載し、質問に答えてくれる素振りが見えなかったそうです。
確かに立場を変えて考えてみると、自分が何行にも渡って送った質問に対して、たった1、2行でまとめて返答されてしまったらネガティブな印象を持ってしまうと思います。
やはり、お金を掛けてまで求人募集をしているのであれば、たとえルーティンワークであっても、相手がたった数行の簡素な応募メールを送ってきたとしても、面接担当者たるもの必要以上に丁寧な応対を心掛けるべきだなと身に染みて感じた次第です。
今まさに、セクキャバの求人募集に応募をしてみようと考えている方がいたら、実践してみて頂きたいですし、自分がどのように働きたいのかを考え直す良い機会にもなると思いますよ。
また、面接を担当している方は今一度、自分の日々の行いを振り返ってみてはいかがでしょうか。

声優

3か月限定で現役声優がセクキャバ嬢に

声優の録音風景セクキャバのような高収入が稼ぎやすいお仕事は、色々な働き方に対応できる点が魅力でもあります。
専業や兼業だけでなく、スポット出勤と言って僅かな期間だけ働くスタイルもあります。
セクキャバ嬢の中にはスポット出勤専門の女の子もいて、1~3ヶ月だけ働いて生活費を貯めたら一時退店して、お金が尽きてきた頃に再入店するというような働き方をしています。
今回お話しする女性も3ヶ月限定で働きたいという方になります。
Dさんは子供向け番組などでも仕事をしたことがある現役の声優さんでした。
4月から舞台の稽古が始まるということで、年末から3月までの3ヶ月間だけ働きたいというのが彼女の希望でした。
理由は、4月からの稽古に集中したいので、それまでに生活費を貯めておきたいというものです。
面接官としては、Dさんのように働ける期間や稼ぎたい金額がはっきりしている方は話をまとめやすいので非常に助かります。
こちらも、希望の金額を稼ぐにはどれくらいのペースで働く必要があるのかを説明できますし、スケジュールが厳しくなるようであれば金額面での折り合いをつけることも可能です。
セクキャバは年末からハイシーズンになるので、スポットでの勤務を希望する方が増えるものです。
このように時期を絞って短期間だけ働くことが出来るのもセクキャバの強みと言えるでしょう。

セクキャバにおける声色の効果

声と見た目のギャップDさんの声は、まるで10代の女の子のようなアニメ声の持ち主でした。
電話でのやり取りでは、31歳という年齢の割には声も高く若々しいイメージを持っていましたが、実際に面接で会ってみると大人びた外見でグラマラスな女性であったことに驚いたことを覚えています。
本業が声優なだけあって、「こんにちは」と挨拶をしただけでも、遠くまでよく通りそうな声だったことが強く印象に残っています。
彼女の声の魅了されたのは私だけではありません。
常連客の中には、アニメ声と大人っぽい体型のギャップを持つDさんをきっかけに、アニメ声の魅力が分かったと言う人が少なからずいたほどです。
やはり、セクキャバはコミュニケーションが重要なサービス業である為、自分の声によって相手に与える印象を軽視できないことを学びました。

客の要望を察知する能力の高さ

Dさんは、過去にキャバクラでも働いていた経験があった為、セクキャバの仕事内容についてもすぐに慣れていました。
彼女の勤務態度を見ていて、特に優れているなと感じた点は、客の要望を察知する能力の高さでした。
普段から声だけでアニメキャラクターの感情を表現しているだけあり、相手の感情を読み取ることにも長けていたのだと思います。
男性客の中にも様々なタイプの方がいるので、誰もが自分の要望をすぐに口にしてくれる訳ではありません。
しかし、全ての客がセクキャバ嬢のサービスに対する要望はアピールしていると考えていてよいでしょう。
もっと早くして欲しいのか、遅くして欲しいのかだったり、ソフトタッチとハードタッチのどちらが好みなのかは客毎によって違います。
言葉にはしなくても、客の要望するサービス内容をいかに早く察知できるかによって人気の差が出てくるものです。
中でも飛びぬけて目立っていたのがDさんだったので、そのコツを聞いてみたことがあります。
Dさんが言うには、人の感情は目元や口元に出やすいので、最初に様々なことを試して反応を確認するそうです。
大体のパターンを把握したら、あとはどの反応が当たりかを見つけるだけ。
書いてみると単純に見えますが、実際に試してみると難しさが分かると思います。
ただし、客からの人気を集める方法としては効果があるのは実証済みですので、時間を掛けてでも習得できれば強力な武器になると思いますよ。

人見知りに悩んでいるセクキャバ嬢に向けて

セクキャバ嬢にも、外見は申し分のない美人なのに、なかなか人気の出ない女の子はたくさんいます。
そういう女性に共通して言えることは、相手と会話をする気が感じられないということがあります。
面接の場でも色々な質問をしてみても会話が弾まず、だからといってやる気が無い訳でもないのです。
人見知り当の本人たちは口を揃えたように、人見知りとかコミュニケーションを取るのが苦手と言うのですが、たとえ相手が人見知りであったとしても、会話をする気があるのか、無いのかは分かりますよね。
つまり、問題なのは会話が苦手なことではなく、相手から会話をする気が無いんだなと思われてしまうことなのです。
セクキャバは接客業ですから、相手である客の反応が一番重要ですので、この欠点は致命的とも言えます。
さらに自分自身の姿は鏡を見ない限りは分かりません。
だからこそ問題点を分かっていても直しづらい欠点なのかもしれません。
そこで、自分のことを直すのが難しいのであれば、まずは相手のことをもっとよく見ることを心掛けてみたらどうでしょうか。
お客さんと言えども全員が饒舌とは限りません。
中には不愛想な方もいるとは思いますが、誰でも表情の変化はあります。
相手の表情の変化を見つけて、どのような感情を持っているのかを知り、その積み重ねでどのような表情をすれば相手に好印象を持ってもらえるのかも分かってくると思います。
まずは、目の前で見ることの出来る相手の表情から学べることが多いのではないでしょうか。